耐えない耐震構造


Oさん 木曜日から

他の現場へ 出稼ぎ…ぢゃなかった

おば部屋建築も そろそろ終わり

おば作業が滞って 仕事にならないから

「終わったら 教えて~♪」と 去って行った

なので

見捨てられないように 木曜日 半日休みを取り

外壁を 一気に仕上げた

a0299945_08030496.jpg


a0299945_08033990.jpg


a0299945_08035508.jpg



で…内装のマスキングをしようと 思ったけれど

退屈な作業…

再び 停滞中
(こらこら!)


そんな 停滞中の怠け者おば

ふ…と 考えた
(考えるんぢゃないっ!)

おばの部屋は 筋交いが入ってる上に

平屋にも拘わらず

結構心配性なOさんは

壁と云う壁に コンパネを張り巡らせた(2重耐震)

a0299945_07124791.jpg



だから

聞いてみた

「いつも筋交い入れた上に コンパネまで入れるの?」

Oさん 「そっ♪この方が 安心でしょ?」

だって

そこで 母屋の壁を壊した際に 見てみると

a0299945_07245829.jpg


母屋との壁を剥いだ部分

筋交いは既に切っているけれど

実はこれ 乾燥材を使っていなかったため

1㎝ほど 床から浮いていた上に

受け金具が入っておらず 殆ど筋交いの役割を果していなかった

この宙に浮いた筋交い一面につき2箇所

&柱 間柱

これだけで2階建ての家を支えていたらしい

他は 内側に石膏ボード(画像に写っているのは腰板ね)

外側に外壁となるサイディング(コンクリート固めたようなやつ)

貼っただけ

なんだか 怖いなぁ~

地震が来たら おば部屋に逃げて 鍵かけよ~っと
(こらこら!)

でも

Oさん 「潰れる事はないけれど

それでも 大地震が来て地面が ぱっかり割れたら無理だよ~」

その時は 諦めろ…だって




こうして

2階建ての母屋を 

おば部屋が 支える構造になってしまったけれど

壁を 壊さなければ分からなかった ルーズな耐震

普通にあるらしい…

貴女の家は 大丈夫?


























Commented by おちゃ at 2016-08-06 21:36 x
すごい話ですねえ。建築の現場を拝見すると筋交いが浮くというのはちょっとありそうになく、見かけませんが、そういうことも長い間にはありうるのかなー。大きな揺れの際には、部屋に逃げ込み鍵!ですね。生き延びるギリギリの知恵。
Commented by wendy0209 at 2016-08-06 21:57
おちゃさま・・・
  筋交いの縮み?!それは 壊さない限り見れませんものね
  ご覧になった事ないはずです♪ 
  でもコレ施工時には きちんと入っているのです
  ただ 乾燥材は加工が難しいので 今時の工務店さんの中には
  (若い大工さんの中には)使えない人もいるらしく乾燥しきってない建材を使い
  ⇒年月が経って⇒乾燥し⇒縮む…と言った経過です
  我が家もこの辺ではよくある某工務店さんの建築ですから…
  いっぱいある?!と云う事です 怖っ?!
Commented by おちゃ at 2016-08-07 05:45 x
木は年数を経ると、長さはほとんど変わらないけれど、直径が細くなるのはある程度避けられないので、丸太を横倒しにしたカナディアンのログハウスなんて建築後何年かかけて壁が沈み天井が下がって来ますが、それは最初から計算のうちで、それを後から修正します。しかし丸太の長さはほとんど変わらないので、建物も水平的には問題がないです。むかーし持っていた小屋が丸太のログで、それを学びました。なので、筋交いというものが細くなるのはわかるのですが、収縮により浮いてしまうというのは、かなり困った工事ですね。筋交いと、周りの柱の木材の収縮の度合いが違って、柱は長さは収縮しないが、筋交いは細くなることで何か浮いてしまったのか??しばらく考え込んでしまいました。

別件だすが、よく金具を使って柱と梁を留めたりしますよね。あれも、木材が収縮したのち、金具がゆるゆるになっているのはよくあること。あれも耐えない耐震構造です。でも金具を締め直した話はほとんどききません。きっと世の中耐えない構造だらけなんでしょう。
Commented by wendy0209 at 2016-08-07 06:42
おちゃさま・・・
  丸太のログもお持ちだったのですね…そのログとは
  工法が違うので 「殆ど縮まない」の尺度の違いだと思います 
  ログは全体が縦に数ミリ…では あまり影響ない構造ですものね
  特に木が痩せるのはメンテで補えますもの
  ↑は角材の話しです
  計ってみましたが8mm収縮してました 
  然も 決められている受け金具無し 固定してないから浮いてしまったのでしょう…怖っ
  ログではないから痩せる方は あまり影響ないかも?です
  今回使っているのは 乾燥室で完全に乾燥された角材
  「ドライなんとか」って 必ず印刷されています
  1mmも縮むことはなさそうw その上壁耐震もあるし♪
  壁内の構造 全部見ているから安心 いちいち
  「これ何?何で?」って聞いてるし(←迷惑)そこで初めて
  普通だと思っていた事が 手抜きや選択ミスに因るものと分かったり
  勉強になってますw
  
Commented by wendy0209 at 2016-08-07 06:49
P.S おちゃさま・・・
  ↑の画像の筋交いは 既に 電気工事の為切った後です♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by wendy0209 | 2016-08-06 08:15 | お部屋が出来るまで | Comments(5)

八ヶ岳南麓の標高965メートルに突然移住した中年夫婦とバセットハウンドのウェンディとのお話し
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30