おやすみなさい


*本日の礼拝の御言葉*



彼らは 涙の谷を過ぎる時も

そこを 泉のわく所とします

初めの雨もまた

そこを 祝福でおおいます

  (詩篇84・6)



今朝 暖かい日差しの中

ウェンディを埋葬した



クララベルとバースデーが眠る

やまぼうしの木の下

a0299945_16574804.jpg



礼拝の後 

家に帰り着くと 

雨が降り出した


ウェンディを

感謝して 主に お返しした

ある日曜日の出来事



「おやすみなさい ウェンディ」



















Commented by おちゃ at 2015-03-29 17:29 x
良いお言葉ですね。じわぁ~っと滲みます。
今朝までの天気予報に反して、鎌倉は昼過ぎから
しっとりと雨が降っています。春の庭。やっと
暖まって来た庭に、これまたじわぁ~っと雨が滲みこみます。
Commented by 5sana5 at 2015-03-29 17:59
やまぼうしの木ってどんなんだったかな^って思いながら
実家の庭にも チャオが眠っているな~って想いだしました。
飼う時には大騒ぎだったのにね。16歳の時に隣の犬に1ヶ月毎日ごはんを作ってあげられたら飼うって言って飼ったんでした。30歳くらいに亡くなった。
今頃 天国で楽しく暮らしているのでしょうか?
Commented by beanobeano at 2015-03-29 18:45
ウチは垂れ桜の下にみんな眠ってる〜。
毎年、黒い毛が生えた花が咲くんじゃないかと気が気じゃないのよん。
Commented by igaiga64 at 2015-03-29 19:28
目が覚めて苦しい思いをしない安らかな永いおやすみに入ったのね。
うちはワタシがモノゴコロついた時に亡くなった仔以来全員霊園です。
最後の仔は人見知りが激しかったから心細いんじゃないかと未だに心配。
Commented by queentomo at 2015-03-29 19:56
うちも窓から見える山裾のお寺に。
うちから見えるところにした。
今度部屋替えしたら毎日山が見える。
Commented by wendy0209 at 2015-03-29 21:25
おちゃさま・・・
  今日の雨は おちゃさまのお庭にも 恵みの雨でしたね♪
  
Commented by wendy0209 at 2015-03-29 21:31
sanaさま・・・
  チャオちゃんと一緒に成長されたのですね
  愛しい想い出も陰る事はないですね
  クララベルだけ 首都圏ではマンションだったので いつも遊んでいた
  広い緑地のヤマボウシの下に 深く埋めてやりました
  残していた歯が ここで バースデーの遺骨と眠っています
  いつの日か終の棲家で 必ずヤマボウシを植えて埋葬して
  やろうと 残していたものでした♪
Commented by wendy0209 at 2015-03-29 21:33
ぐえるのもりさま・・・
  大丈夫♪きっといつか 真っ黒い毛の生えた花が咲きますヨ♪
  えっ??望んでない?我が家も 長~っく垂れ下がった
  花びら咲くかも?そうなったらTV局呼んで 一儲けしてやる♪
Commented by wendy0209 at 2015-03-29 21:38
igaigaさま・・・
  それがね 苦しまなかったの♪最期まで元気 死に水まで
  さっさと歩いて飲んで旅立っていった
  だから おば以外 獣医さんまで別れが近い事誰も気が
  付かなかった 周りの人は「過保護」だって笑ってたもの
  痛みと苦しみから守られますように…と祈り続けて
  与えられたサプリとハーブのお陰…
  こんな事誰も信じない事知ってるけから良いの♪
  ウェンディは主にお委ねしたので何も心配していません
  どうぞ笑って下さいませ
Commented by wendy0209 at 2015-03-29 21:41
queentomoさま・・・
  それが tomoさまの慰めになるのなら 本当に良かったです
  未だに心は守られたまま 毎日笑って 時折愉しかった想い出
  蘇って やっぱり笑ってます♪
Commented by kuukau at 2015-03-30 08:07
うちは山が好きだったので山の庭に散骨も考えた。
が、滅多に行かないので寂しがるといけないから、終の住処の藤の下に骨壷ごと埋めた。
リビングから毎日見える場所。猫も一緒に眠ってる。
仲良しだったから。
Commented by wendy0209 at 2015-03-30 17:55
空子さま・・・
  たとえ骨になっても一緒に居たいですものね♪
  埋葬って人それぞれなんですね~
  我が家 骨壺から出します
  状況が許す限り人間のも…土に還してやりたいから
  そして 大好きだったお山遠いからおばの方が来ちゃった
  ほんと つくづく安易な人生だなぁ…と思います
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by wendy0209 | 2015-03-29 16:58 | バースデー&ウェンディ | Comments(12)

八ヶ岳南麓の標高965メートルに突然移住した中年夫婦とバセットハウンドのウェンディとのお話し
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31